バイク買取でかかる税金について

バイク買取でかかる税金について

バイク買取では、原則として消費税はかかりません。例外的に、営利目的で売買を繰り返しているような場合には、消費税がかかります。
しかし、通勤用やレジャーのためなど、個人で使用をする目的で保有をしていたバイクを売却した場合には、消費税はかかりません。
バイク買取では、所得税や住民税も基本的にはかかりません。



そもそも、所得税や住民税は所得に対してかかってきますので、利益が発生していなければ問題とはなりません。バイクは購入した価格よりも安く売れることがほとんどなので、税金を気にするケースはほとんどありません。

確定申告も必要ないケースが多いでしょう。

goo ニュースについての知識を高めてもらうためのサイトです。

例えば、80万円で購入をしたバイクが30万円で売れたというように、ほとんどの場合に大きく価値を落としてしまっています。
80万円で購入をしたバイクが80万円で売れるということもほとんどないのに、100万円で売れて利益が20万円発生したということは、さらにレアケースとなるでしょう。プレミアがついているバイクを売るケースなど、高額で売れた場合には、確定申告が必要になり、所得税や住民税がかかってくる可能性があります。しかし、その場合でも、50万円の特別控除が適用されるので、やはり税金がかからないことのほうが多いです。
購入した金額よりも高く売れて、税金が心配な人は、税務署などに相談をしてみるとよいでしょう。

バイク買取では税金のことは気にせず、できるだけ高く買取をしてくれる業者を探しましょう。



  • 大事な売買の事

    • バイクを新車に買い替えたり、利用する機会が無くなった方に人気のサービスがバイク買取です。バイク買取サービスを利用することで、現金にバイクを売って換金することが出来ます。...

      detail
  • 売買をもっと知る

    • 様々なメーカーがバイクを販売しています。その中でもメイドインジャパンのバイクは高性能で、中古品でもかなり人気があります。...

      detail
  • よく解る情報

    • 乗らなくなった中古バイクを処分したいとき、少しでも高い金額で手放したいなら、バイク買取専門店に査定を受けるのがお勧めです。一般的なバイク販売店では、買い取ったバイクを店頭で販売することが前提なので、古い車種や人気のない車種の買取価格は低くなりがちです。...

      detail
  • 初心者向き売買

    • 考え方が変わったり、不要になったりすると使わなくなるものがあります。それには大きなものから小さなものまであり、自動車やバイクといった大型かつ高額なものも当てはまります。...

      detail